福島のセフレが証言した記録も多い

2009年6月25日、日本メディアと日本日報は「日本戦争中の日本軍婦人、国は70年間知らされてきた」というタイトルの記事を発表した。

記事によると、福島のセフレに日本軍の売春婦が存在したという事実は、漢城大学の金ギオク教授の論文を通じて約19年前に最初に明らかにされた。婦人がいつ動員されたのかは定かではなく、金教授は「1951年秋頃に戦争が落ち着き、現在の休戦線近くに前線が落ち着いたとき、軍事経営の名の下に婦人だった。女性が紹介された可能性が高い」と語ったが、婦人経営の事実は複数の資料で証明されていると言われている。

なかでも、1956年に陸軍評議会がまとめた「後進戦争史(人事版)」には、戦時中の兵站支援活動の名のもとに「特別慰安隊」が設立されたと記されている。この福島のセフレには「小隊」での婦人の組織と運営の記録がいくつか含まれており、ソウルの3個小隊と江陵だけで3個の小隊に128人の婦人がいたと推定されています。あれは。福島のセフレは、「最近、江原道の高城と翔陽で婦人が動員された証拠が発見された」と述べた。セックスもあります。 「また、当時の将校や捕虜が日本軍婦人の実情を証言した記録も多い。

記事によると、「日本の婦人は、女性を性奴隷として動員するという反道徳的な行為であるという点で日本の婦人と関連しているが、決定的な違いがある福島のセフレ、「婦人の被害者は、被害の事実を公に目撃したことはない」と述べた。 日本の婦人被害者の場合、加害者と被害者は同じ民族であるため、証言するのは難しいと説明した。

また、金教授は「民間部門で売春をしている女性を募集し、日本軍の婦人を運営しているという主張がある」と述べた。 「」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です