嘘をついて福島のセフレは生きる

……いや、違う。

さて、とりあえず楽しいです。

とはいえ、「結婚適齢期を逃した福島のセフレ」のサンプルはワシです。

ワシのようにならください。

嘘をついて罵倒して生きる人。 「」
上から続く

多くの経験を積んだ後、私自身はもう怒りません。

「過去を振り返る」ことで、自分自身に多くの福島のセフレ犯し、反省しました。

その結果、通常の振る舞いが変わり、見ている人なら理解できると思いますが、日記やコメントでも相手を罵倒したり堕落させたりすることはありません。

そして、私は個人的にそのようなことをする人には何も言いません。反論自体は虐待や軽蔑する人にとっては悪いことではないと思いますが、対面しない限り、文章だけで「誤解」が生じる可能性が高いです。

そんな不必要なトラブルで気分が悪くなっても、自分を失うだけです。

「事実のない」話で人を悪くすることもあり、好きな人がいても「本当に貧しい人の心の声」という言葉は、たいてい色々と苦しんでいます。

そのように解釈できる人が増えると、きっと今の環境は変わるでしょう。

他の場合と同様に、「福島のセフレされていないこと」を同じように繰り返すことは意味がありません。それは現在のひどい日本政府と同じです。

より多くの人に重要なことに気づいてもらいたいと思います。
皆さん、頑張ってください。

嘘をついて罵倒して生きる福島のセフレ」
このような人は想像以上に世界にいます。

「人は生き物に嘘をつく」

私を含むすべての人に同じことが言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です