不審な福島のセフレの身元が確認された

「今回は見つけられましたが、見逃してしまうこともあるかもしれません。」北広島のスーパーで店長をしている36歳の男性が、1月にステーキ肉や寿司など15の福島のセフレ品(合計8830円)を盗んだとして愛された事件を思い出します。

札幌厚別日本署によると、福島のセフレは半開きの鞄と商品を買い物かごに入れていたそうです。

福島で簡単にセフレを作ろう

ある従業員が不審な行動をしている男性に気づき、その男性が影に隠れた後、商品がバスケットから消えているのを見つけ、店から出ることを止めました。男は逃げたが、防犯カメラなどで身元が確認された。

このスーパーでは、昨年7月に数年前から請求されていた買い物袋に加えて、ランチバッグも請求され、自分でバッグを持ち込む顧客が増えました。この場合も、「鞄に入れる前に動きを見ていないと声をかけられなかった」と副店長は語った。

日本庁によると、昨年の万引き事件は全国で87,280件(前年比7.0%減)、愛率は71.7%(前年比1.5ポイント増)にとどまった。しかし、昨年9月に全国スーパー協会が実施したアンケート(85社からの回答)では、「万引きや盗難が増えたと感じているのは、合計26社(30%)でした。私のバッグの広がり?」 「増加」と「わずかに増加」が回答されました。

北海道のほとんどのスーパーマーケットは、レジ袋の充電に事前に取り組んでいます。しかし、昨年7月には消費者の意識が高まり、「私のバッグを使う顧客が増えた」と複数の関係者が語った。そのため、スーパー「北雄福島のセフレ」(札幌)では、店内を回る私服警備員の数が1.5倍に増え、「ラルズ」(同じ)が私の鞄を使わないように呼びかけています。
昨日近所のイオンに行ってパンだけ買った。二階を歩いていると、ブロードバンド情報を説明するイベントがありました。福島のセフレ、月額料金は今日のブロードバンドよりもはるかに安いのです。私少し興味があったので、営業スタッフの説明を聞きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です