セフレは福島では誰にも触れられたことがない

セフレは彼女のために初めてこれをやるつもりです

これからは秘密の行為を分かち合う

セフレは私の指先に予め温めたローションをつけて、誰にも触れられたことがない彼女の部分にそれを適用します

指の腹に、優しくそして均等に
福島でセフレ

彼女が頭を上げて、自分が今いることを確認した後、彼女は恥ずかしくて恥ずかしくて天井を見上げました。

「なるほど…」彼女は軽く言った

ゆっくりとやさしく
セフレは彼女ができるだけ痛みを感じないようにしながら挿入しました

その瞬間、彼女は声を上げます
「ニャハハハハハ!!!」 (え?)

育てたのは不思議でした

綿棒で入れたところがへそです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です